医学部受験コースがある予備校に通って合格しました

予備校の医学部受験コースに

医学部専門予備校 / 講師紹介│医学部専門予備校のビッグバン

小さいときに大病を患った : 予備校の医学部受験コースに

漠然と大学に通ってみようという気持ちで予備校に通いましたが、予備校の自習室では真剣に勉強をしている学生を沢山見ることによって、大きな刺激になりました。
自習室は先着で使用することができますが、沢山の席が用意されているのに、正午頃には全ての席が埋まってしまいます。
私語一つなく、ノートに書き記す音とページをめくる音だけが響く自習室に座っていると、自分も真剣に勉強しようという気持ちになりました。
春から夏にかけて真剣に勉強をしたのでかなり学力が上がったので、希望する大学の合格率はA判定を貰うことができました。
そうしたらさらに欲がでて、もっと偏差値の高い大学に志望変更しようかと考えていたとき、予備校に医学部受験コースがあることを思いだしました。
小さい頃に医師や看護師に憧れていたときは同じ職業につきたいと考えたこともありましたが、医学部に進学するには中途半端なことでは無理だと考えていたので自然と回避していました。
しかし学力も上がっていますし、もし医学部に入学できるのであれば、お世話になった医師や看護師のような人たちみたいに、人に役立つ職業につけるのではないかと考えました。
そこで親や予備校のカウンセラーと相談して、医学部受験コースに変更することにしました。
今まで以上に勉強の量が増えましたし、受験内容もかなり難しくなったのですが、今まで生きてきた中で一番、やる気が出るようになりました。
正月も返上で必死に勉強したことによって、希望していた大学の医学部に合格することができました。